沢 入 国 際 サ ー カ ス 学 校
ご 案 内

体育館内

本校は現在一時休校中ですが、来春(2019年4月1日)入学希望者を募集中です。入学を希望する方はこのページをお読みいただいたうえ、最下部の連絡先までご連絡ください。


本校は2001年9月創立し、今年で18年目を迎えます。沢入は「そうり」と読みます。群馬県みどり市東町の山の中、廃校となった小学校の体育館を利用して日々練習しています。指導者は、ウクライナより、スポーツアクロという競技の元世界チャンピオンであるテシェンコ・ナジェージダ先生をお呼びしていました。2019年春からは、当校の卒業生でパフォーマーの天野真志と、キエフサーカス学校出身でパフォーマーのビラ オリガが講師を務めます。サーカス芸の鍛錬に集中して打ち込むことのできる環境下で、生徒たちが日々鍛錬を積んでいます。
本校は4年制です。最初の2年間で基礎作りを行い、その後の2年で専門的な技術を学びます。授業期間は前期が9月中旬~12月20日前後まで、後期が3月中旬~7月20日前後までです。
どのようなサーカス芸、演目を選んだとしても、専門性に特化した練習の前段階として、「基礎となる身体づくり」は欠かせません。サーカスとは華やかに見える世界ですが、舞台に上がって人に自らの芸を見せることができるようになるには、ある程度の期間、日々の地道な鍛錬が不可欠です。当校では基礎の身体づくりに重点を置き、ナジェージダ先生に指導にあたっていただいています。 ※当校は、学校と名付けていますが学校法人ではありません。
入学をご希望の方、ご検討中の方は、まずは体験入学に来ていただければと思います。以下の当校案内をお読みのうえ、最下部をお読みいただき、ご連絡ください。

授業について

●1~2年生
あらゆるサーカス芸を行うために必要な基礎の身体づくりを主に行います。
●3~4年生
基礎の練習を続けながら、それぞれの芸や作品づくり、各自の専門性に特化した練習を行います。
●発表会
前期・後期にそれぞれ1回ずつ発表会を行います(7月末、12月末)。生徒たち自身で構成や演出、出演、音響、舞台装飾を行い、創り上げます。
●スケジュール
授業は月曜日~金曜日の9時~17時(昼休憩あり)に行います。土日祝日は基本的に休みです。
●夏休み・冬休み
夏休み(7月末~9月初)、冬休み(12月中旬~3月初)があります。

費用について

●学費
30万円
●傷害保険料
約15,000円
●家賃
1~2万円/月
●光熱費
各自使用した分(参考;約6千円/月)
●食費ほか
各自

生活について

●住居
サーカス学校近辺の村有住宅及び民家を借用します。住居の空き状況により、ルームシェアをすることもあります。
●食事
それぞれが自炊しています。入学の際は、自炊できることが条件となります。
●その他
ある程度力がついた生徒は、土日祝日にイベント出演や公演出演の機会があります。また、自主的に大道芸など 行う生徒もいます。

卒業後について

卒業生や出身生の多くはプロのパフォーマー、アーティスト、エンターテイナーとして、国内外のサーカスやストリート、テーマパーク、クルージングなどで芸を披露し、活躍しています。学校に残り、研究生としてさらなる技術の向上に励む生徒もいます。また、在学中や卒業後に海外のサーカス学校へ留学する生徒もいます。これまで、キエフ国立サーカス学校やケベックサーカス学校などに留学した生徒がいました。

体験入学、入学について

①希望日程をお考えください
ご入学をご希望の皆様に、まずは体験入学を通して練習についてこられるかどうか、サーカス村での生活が可能かどうかをご判断いただきます。できるだけ、3日間連続して授業を体験していただきたいので、3泊4日の日程でお考えください。土日祝は休みですので、平日(月曜~金曜)でお考えください。また、夏休み(7月末~9月初)と冬休み(12月中旬~3月中旬)も授業を行っておりません。
②ご連絡ください
下記いずれかの連絡先まで、ご連絡ください。
1.お名前、2.生年月日、3.住所、4.希望日程、5.運動歴やダンス歴 6.サーカス学校でどんなことを学びたいかをお書きください。
<ご連絡先>NPO法人国際サーカス村協会 東京事務局 校長 西田/長屋
 ℡03-3403-0561 / Fax03-3403-1583
 メールアドレス a-nagaya@accircus.com (長屋)
③日程の決定
日程を調整させていただき、決定します。
④体験後、入学をご希望の場合
体験入学終了後に入学をご希望の場合、入学する日程を決めます。当方で住居の準備や入学の手続きなどをいたしますので、ご連絡をいただきますようお願いいたします。
④手続き、初期費用お振込み後、入学
書類提出や授業料、保険料、滞在費などをお振込みいただき、入学する日を迎えて授業スタートです。

指 導 者・ス タッフ 紹 介

指導者写真
天野真志
指導内容/基礎体力づくり、倒立、アクロバット、ハンド・トゥ・ハンド、バランスほか。
沢入国際サーカス学校卒業生。
 2008年 ウクライナ国立サーカス学校留学。
 2009年 ウクライナ人アーティスト、ビラ オリガとともに、ハンド・トゥ・ハンドやアクロバットをメインパフォーマンスとしたコンビ"Duo Abimanola"結成。現在までに「ヨコハマ大道芸」「ふくやま大道芸」など全国各地の大道芸フェスティバルや、各種イベント、ホテル、新国立劇場オペラ"道化師"などの舞台出演、TVCM出演、ケツメイシ等アーティストのライブに出演するなど幅広く活動している。また、国内だけでなくタイや韓国など海外での出演経験あり。 サーカス芸に必要な基礎の身体作りや動きを、しっかりと指導します。
天野真志・ビラ オリガ
指導内容/倒立、ハンド・トゥ・ハンド、ダンス、空中芸、柔軟、演出ほか。ウクライナ出身。
 1997年 ウクライナ国立サーカスカレッジ入学。
 1999年 卒業後、ウクライナインターナショナルサーカスシャピトに出演。
 2001年 ウクライナ国立サーカスカレッジに教師として就任。
 2002年 教師を務める傍ら、ウクライナ国立カーペンコカイ大学シアター・シネマ・TV演出課に入学。
 2007年 卒業後、演出課としての活動も開始。
 2009年 日本で天野真志とともにハンド・トゥ・ハンドやアクロバットをメインパフォーマンスとしたコンビ"Duo Abimanola"結成。
校長 西田 敬一
NPO法人国際サーカス村協会代表、株式会社アフタークラウディカンパニー(東京都)代表。 サーカス一般について指導します。
関口 渉事務局長
サーカス学校のことだけでなく生活一般について相談に乗ってくれる頼もしい存在です。事務局長よりひとこと「山の中、いいですよ。得るものがいっぱいありますよ」

所在地・アクセス

◆沢入国際サーカス学校所在地
〒376-0301群馬県みどり市東町沢入491 旧沢入小学校体育館 ※駐車スペースあり
◆最寄駅 わたらせ渓谷鉄道『沢入(そうり)駅』より徒歩約8分
◆電話 03-3403-0561(東京事務局)

  • facebookページ
Page Top