TOPへ戻るサイトマップを表示
サーカス村ワークショップ
身体表現の喜びを体験しよう

国際サーカス村協会、株式会社アフタクラウデヵンパニーでは、1992年以来、毎年、群馬県みどり市にて「国際サーカス村ワークショップ」を開催しています。
都会の喧騒を離れて、1週間合宿生活をおくりながら、外国から招いた講師の指導のもと、徹底的に身体表現の基礎を学びます。
参加者はクラウン(道化師)を志す若者、プロのパフォーマー、俳優の卵、セラピスト、ボランティア活動家などさまざまです。
もちろん誰でも参加できるのですが、世界に通ずるパフォーマーを育てたいという大きな目的を持っている方が多いです。
カリキュラムはその年によって違いますが、身体表現の基礎、道化術 (クラウニング)を大きな柱にしています。
2003年以降は、沢入国際サーカス学校専任のナージャ先生によるワークショップが主流となっています。

第一回(1992年)
講師:アレクサンドル・アリョーシチェフ(ボリショイサーカス道化師)、左公社(河北省雑技団)、スティーブ・カイム(アメリカ・ジャグラー)
クラウンの基礎となるパントマイム、アクロバットの基礎、ジャグリングを主体とする。

第二回(1993年)
講師:ギー・カロン(サーカス・アート国立センター元校長)、スティーブ・カイム(ジャグラー)、リーリーピン(武漢雑技団)
この年は、子ども向けのワークショップも同時に開催。

第三回(1994年)
講師:ギー・カロン(ピアノ"ソバァージュ"代表)、ピエレット(カナダ国立サーカス学校教師)
この年受講生のひとりが、ギー・カロンの目にとまり、スイスのクニーサーカスと契約、半年間モントリオールのサーカス学校で特訓を受けたのち、1年間スイス国内のツアーに参加。

第四回(1995年)
講師:ピエレット、ナタリー(カナダ国立サーカス学校教師)
いまや世界を席巻するサーカス団として知られるシルク・ドゥ・ソレイユの母体となっていたのが、モントリオールにあるこのカナダ国立サーカス学校です。

第五回(1996年)
講師:ディミトリー、ディミトリー・カンパニー
自らもスイスに演劇学校をもつ、ディミトリーが、国際サーカス村ワークショップに賛同し、初めて海外で若いパフォーマーのためにワークショップを指導しました。
参加者は道化術が、テクニックではなく、内面から創りあげられるものであることを発見、大きな勇気をもつことができました。

第六回(1997年)
講師:ディミトリー、マーシャ・ディミトリー
引き続きディミトリーの指導によるワークショップ。午前中は、娘のマーシャが身体表現の基本を指導しました。

第七回(1998年)
講師:クリューコフ
ミミクリーチの生みの親ウラジミール・クリューコフを講師に招き、クラウニングを中心に、マイム、即興を学びました。

第八回(1998年)
講師:ノーラ・レイ、サリー・オーウェン
ロンドンマイムシアターの主宰者ノーラのマイム、ダンサーとして活躍するサリーのダンスを軸として、身体表現の可能性を追求。

第九回(1999年)
講師:五人囃子
子どもを対象とした初めての本格的なワークショップ。教えるのは、五人囃子のメンバー。

第十回(2000年)
講師:五人囃子
11月8日,14日,15日、群馬県新田郡笠懸町立笠懸北小学校、東小学校の在校生にジャグリング、パントマイムのワークショップを開催。
ジャグリングボールの制作、ジャグリング実技、パントマイム実技を指導。

第十一回(2001年)
講師:BPズーム
クラウンワークショップ。

第十二回(2002年)
講師:レ・クザン
第2回東京国際フール祭の一環として行う。 サーカス村でのワークショップはサーカス学校リトルワールド公演のため、実施せず。

第十三回(2003年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座T。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第十四回(2004年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座U。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。サーカス村"夏のフェスティバルの一環として行う。

第十五回(2005年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座V。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。サーカス村"夏のフェスティバルの一環として行う。

第十六回(2006年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第十七回(2007年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第十八回(2008年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第十九回(2009年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第二十回(2010年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第二十一回(2012年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。
※2011年は原発事故による放射線被害により休校していたため開催しませんでした。

第二十二回(2013年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。
くす田くす博さんらの協力により、『奥矢作レクリエーションセンター』(岐阜県恵那市)にて開催。パフォーマンスなども行い、現地の方と交流ができました。

第二十三回(2014年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第二十五回(2015年)
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

第二十六回(2016年)【現在申し込み受付中!】詳しくはこちらをご覧ください。
講師:ナジェイジダ先生
サーカス学校講師のナジェイジダ先生の基礎講座。サーカス学校の生徒と一緒になり、アクロバットの基礎を学ぶ。

  


メニューへ戻る