NPOとは

NPOとは、"Nonprofit Organization" の頭文字をとったもので、通常"民間非営利組織"と呼ばれています。
NPOは、株式会社など営利企業とは違って、収入から費用を差し引いた利益を関係者に分配しない、非営利活動を行う非政府、民間の組織です。
1995年の阪神大震災でNPOの活動が注目されたのをきっかけに、1998年12月に特定非営利活動促進法(NPO法)が施行されました。
NPOの活動内容は、保健福祉の増建、社会教育の推進、まちづくり、文化・芸術・スポーツの振興、環境保全、人権擁護、国際協力など多種多様のものがあり、幅広い分野で、日本社会のいたるところに見られるようになりました。

(注)以下は、NPO情報ネットワークセンターからの抜粋です。

JHCNPでは、NPOであるための要件として以下の5つを挙げています。これは定義であるとともに、NPOの主要な特徴をも表しています。
※JHCNP:アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のレスター・サラモン教授らが中心となって行ってきた非営利セクター国際比較プロジェクト(The Johns Hopkins Comparative Nonprofit Sector)

  1. 利潤を分配しないこと(not profit Distributing)。
    これは、NPOの最も基本的な要件といえるでしょう。活動の結果として利潤が発生しても、組織本来のミッション(使命)のために再投資すればよいと考えます。

  2. 非政府(nongovernmental,private)、つまり政府の一部分でないこと。
    ただし、政府からの資金援助を受けてはいけないという意味ではありません。

  3. フォーマル(formal)であること。
    組織(organization)としての体裁を備えているということです。必ずしも法人格を持っていることを要求しているわけではありません。

  4. 自己統治(self-governing)していること。
    他の組織に支配されず、独立して組織を運営しているということです。

  5. 自発性(voluntary)の要素があること。
    自発的に組織され、寄付やボランティア労働力に部分的にせよ依存しているということです。活動のすべてがボランティアや寄付によって運営されていることを要求するものではありません。NPOが何らかの公共性を達成しているかどうかを直接判定するのは困難ですが、このボランタリーな要素の有無は、公共性の「代理変数」になっているとも解釈できます。

『NPO入門(山内直人著、日本経済新聞社発行)』より抜粋
 

さらにNPOについて詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧下さい。
1.シーズ=市民活動を支える制度をつくる会
特にサイト内のNPO入門は、NPOの基礎知識、NPOへの参加の仕方、NPOの探し方など、NPOに関する基礎的な情報をわかりやすく紹介しています。
2.国民生活行政ホームページ(NPO関係ホームページ)