■よくある質問 Q and A


お問い合わせで、よくある質問をまとめました。

●1 現在の生徒数は何人ですか。
8名です。(全員男子)[2015年4月現在]

●2 どんなパフォーマンスを学んでいますか。
ディアボロ、ジャグリング、ヨーヨー、デビルスティック、スタッフ(棒)、キューブ、シガーボックス、スティルツ(ペンタ、高足)、ローラーバランス、アクロバット、ハンド・トゥ・ハンド、コントーション、フラフープ、空中シフォン(シルク)、空中リング、空中ロープ、クラウニング、シルホイール、ジャーマンホイール、チャイニーズポール、玉乗りなど。 基本的に、生徒が自分で希望するパフォーマンスを練習します。
生徒たちのパフォーマンスは、Youtubeにそれぞれアップしていますので、『沢入国際サーカス学校』で検索して見てください。

●3 授業のカリキュラムを教えてください。
本校は4年制です。 最初の2年で基礎体力づくりを徹底的に行い、その後の2年で専門的な技術を学びます。授業期間は、前期が9月中旬〜12月20日前後、後期が3月中旬〜7月20日前後です(入学は随時)。 練習日は、月曜日から金曜日まで週5日。練習時間は午前9時から12時まで。昼休みをはさみ、午後1時半から5時まで練習します。年に2回、発表会があります。

●4 寮はありますか。入学後はどこに住みますか。
寮はありませんので、学校近くの市営住宅(広さは6畳ほど。家賃は月10,000〜15,000円ほど。光熱費別途。学費には含まれていません)に住み、自炊して生活しています。生徒たちの一日の過ごし方が書いてある『生徒一日インタビュー』はこちら。

●5 体験入学はできますか。
できます。宿泊・食事代・傷害保険料込み1日5,000円で体験していただけますので、ご希望の方はご連絡ください。入学を希望される方も、まずは体験入学に参加して、授業についていけるかどうかをご判断ください。
メールk-nishida●accircus.com (村長・西田 ●を@に変えてください)
電話 03-3403-0561(NPO法人国際サーカス村協会東京事務局)

●6 創立はいつですか。
2001年9月1日です。

●7 先生はどんな方ですか。
ウクライナ・キエフからお呼びしているテシェンコワ・ナジェイジダ先生(女性)です。ウクライナ共和国・キエフ国立サーカス学校教師で、スポーツアクロという競技の元世界チャンピオンでもあります。 また、校長は西田敬一、生活一般のお世話をしてくれる事務局長に関口渉という者がおります。

●8 学費はいくらですか。
年間30万円です。このほか、傷害保険料が年間12,500円必要です。入学金はありません。

●9 卒業生の進路を教えてください。
卒業生は、プロのアーティストとして国内外のサーカス、大道、テーマパークなどで活躍しています。2010年4月現在、卒業生は約30人です。また、在学中に海外のサーカス学校へ留学する生徒もいます。

●10 入学にあたって、審査や、必要な資格はありますか。
中学卒業であること。その他運動歴などは問いませんが、自炊できることが必須条件です。サーカス学校があるのは山の中なので、歩いて行ける範囲にレストランやコンビニ、食堂はありません。

●11 入学までに流れを教えてください。
@まずは、当校にご連絡ください。
A体験入学の期日を決めます。
B体験入学(3日〜1週間)の上、入学を希望する場合、誓約書、履歴書など書類提出。
C入学金・保険料・宿泊費用などを振り込み。
D来村日、入学日決定(できるかぎり、住民票を移動)

●12 卒業すると何か資格が得られますか。
当校は、学校と名づけられていますが、学校法人ではありませんので、たとえば専門学校のように、卒業しても資格を得ることはできませんし、在学中学生として学割のような特典もありません。従って、現在在学している中学や高校から転校するということもできません。当校に入学するということは、現在在学している学校を中退するということです。この点を間違えないようお願いします。

●13 「国際」ということは、海外の生徒も学んでいるのですか。
今年度(平成25年度、2012年10月〜)はいませんが、2010年度はフランス人の女性が学んでいました。また、講師としてウクライナから先生をお呼びしています。日本人の生徒同様、海外からの生徒の入学も随時受け付けております。

●14 イベントでパフォーマンスをしていただきたいのですが
本校の生徒及び研究生は、一年を通して、保育園・幼稚園や学校(小・中・高・大・専門)公演、病院、結婚式場、商業施設、お祭りや各種イベントなど、様々な場所に呼んでいただき、ステージショー、大道芸を行っています。下記コンタクトよりご連絡ください。その際、日にち、場所、時間、ご予算、パフォーマンス場所の広さ(屋根がある場合は高さも)など、わかっている範囲で教えていただけますと助かります。尚、生徒のプロフィールはこちらからご覧ください。
※当団体は学校のため、夏季休業、冬季休業、発表会など、忙しい時期や生徒がいない時期がありますが、まずはお問い合わせください。

←戻る

■NPO法人国際サーカス村協会連絡先
03-3403-0561(ACC内)
メール:k-nishida@accircus.com (@を半角にしてお送りください)


掲載内容の無断複写及び転載はご遠慮下さい。NPO法人国際サーカス村協会